2006年11月28日

あぶなかった〜

父は無事に退院できました。

手術は狭窄のあった血管1箇所に「ステント」と呼ばれる金属の筒をいれ、他の2箇所はバルーンで処置したらしい。
術前は狭窄は75%程度と聞いていたけど、実際は90%詰まっていて心筋梗塞の一歩手前だったらしい。ほんとにあぶなかった〜。

苦しくなったのが自宅で幸いでした。
これが趣味の山登りのときだったらやばかっただろうなぁ。

退院後は血液をサラサラにする薬をのみつづけなくちゃならないらしい
あとは生活改善…やはり、普段の生活から変えないとだめみたい。
まさに生活習慣病。
しかも前触れなく起こるのが怖い。
人間ドックの心電図検査では発見できないらしい。
気をつけなくちゃね。


posted by さつき at 09:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 狭心症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。