2006年11月14日

3ヶ月ぶりの検診

先週末は3ヶ月ぶりの検診でした。9ヶ月の三男を連れての検診だったので、泣かないかとドキドキあせあせ(飛び散る汗)

今回は肝臓のエコー検査も。
肝臓も今のところ変わりなし。
尿検査は蛋白が±で、腎機能も正常値。
また3ヵ月後に予約を入れてもらいました。
状態が落ち着いてるということで
今回は採血もされなかった。いいのかなぁ。
毎月通院していたときはそのたびに採血されていたから
もう腕には注射の跡が消えない。
たくさん小さい穴があいてるって感じです。
注射の数が減ってちょっとうれしいな。

って自分のことで喜んでいたら
実家の父が狭心症で入院。
明日手術することになってしまいました。
狭窄しているところは3箇所。
父と母は手術の説明でそれはそれは恐ろしいことを
言われたらしく、バッド(下向き矢印)すっかり落ち込んでいました。
手術のリスクはみんなにあるし、恐ろしめに言われるもんだ(と、思う)。
こんなときにそばについていてあげれなくて
申し訳ないけど、先生にお任せするしかないもんね。

ホント、健康って失って初めてありがたさに気づくもの。
普通でいることのありがたさ。
忘れないで暮らしていこうと改めて思う。

明日の手術、成功しますように。


posted by さつき at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 腎炎のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。